キャッシングと付き合うコツ

キャッシングは借りたらすぐに返済することが鉄則ですが、高額商品購入資金として利用した場合にはすぐ返すことはできません。

ただし、この場合も金融会社が設定している約定日の返済だけではなかなか元本が減りませんので、随時弁済をできるだけすることで、借入元本を減らすことが必要です。

金融会社が設定している約定日の返済額は、残額に応じた利息の金額に近い金額となっており、あくまで最低返済額ですから、その金額を支払っているからと安心していると、いつまでたっても元本が減らず、利息ばかり支払っている日々が続きかねません。

この状態を回避するためには月々の返済額を多くするか、随時弁済が必要なのです。

金融会社のキャッシングは、コンビニでできる事がほとんどですが、お金を返すことも同様にできる事が多いです。
そのため、随時弁済もコンビニのATMでできるのです。

しかし、金融会社によってはこのようなことができなかったり、ATMによる随時弁済ができたとしても限定した場所のATMしか利用できないということがあります。
これでは随時弁済があまり効率的にできません。

最初に信販会社を選ぶ際、随時弁済がしやすいかどうかも、信販会社選定の条件にしておくべきなのです。

このように随時弁済を効率的に実行することで、早期完済ができるのです。